現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月8日更新

死ぬまでに一度は行きたい、ノルウェーの絶壁「ブレーケストーレン」が怖すぎる。

101 views

プレーケストーレンって?



ノルウェーといえば、学校で習ったフィヨルドという言葉を思い出す人も多いのではないでしょうか?フィヨルドというのは、長い長い時間をかけて氷河の浸食が作り出した独特の地形の入り江や湾のことを指し、ノルウェーやデンマークの他、チリやニュージーランドでも見られます。


 


ノルウェーにはフィヨルドはいくつかあるのですが、「プレーケストーレン(Preikestolen)は「リーセフィヨルド」というエリアにある人気の観光地。「死ぬまでに行きたい観光名所1位」に選ばれたこともあり、ノルウェーに行ったら絶対に見ておきたい絶景スポットのひとつといわれています。



kosmolaut



プレーケストーレンはどんなところ?



プレーケストーレンとは、ノルウェー語で演説台(説教壇)という意味。その名の通り、切り立った絶壁の崖がまるで演説のための檀上のように、氷河によって削り取られています。ここへ行くにはちょっとしたトレッキングをしなければなりません。拠点となる登山道の入口「プレーケストーレンヒュッテ(ロッジ)」から、片道2時間ほどの山登りでプレーケストーレンにたどり着きます。


 


演説台は約25メートル四方の正方形をしていて、その高さは海面から約600メートル!東京の新名所スカイツリーが地面から塔のてっぺんまで634メートルなので、ちょうど東京スカイツリーと同じくらいの高さ。そして、そこには安全対策の手すりやチェーンなどはなく、足元を覗き込むのは…考えただけで足がすくんでしまいそうです。


 


でも、高所の苦手な方も大丈夫。演説台の端に行かなくても、周辺にはリーセフィヨルドの素晴らしい景色がパノラミックに広がっています!


 



Dena Flows


 




プレーケストーレンへのアクセス



プレーケストーレンは、ノルウェーの首都オスロから南西約200キロほどの位置にあります。日本からは基本的に直行便はなく、他の都市での乗継が必要になります。以下のような順序でのアクセスが基本になります。


 


 1.まず、首都オスロ第2の都市、ベンゲルへ行き、高速船でスタヴェンゲル(Stavanger)へ向かいます(約4時間)。
 2.スタヴァンゲルからフェリーでタウ(Tau)へ行きます(約40分)
 3.タウからバスでプレーケストーレン・ロッジ(Preikestolhytta)に到着(約30分)。ここから登山道をプレーケストーレンに向けて歩きます。片道約4キロ、2時間ほどのトレッキングになります。


 


※舗装された道はほとんどないので、しっかりとした登山用の靴ででかけましょう。
ベストシーズンは4月から10月頃。降雪や登山道の凍結のため、冬場のトレッキングは禁止されています。特に、トレッキングに不慣れな方は、安全第一で行動しましょう。
※スカンジナビア空港からベルゲンまで、夏季のみ直行便が運航している場合があります。所用時間はおよそ15時間前後です。


 


以上、ノルウェーにある大人気の観光地、プレーケストーレンをご紹介しました。北欧の雄大な自然が気の遠くなるほどの年月をかけて作り上げた演説台。片道2時間をかけて山登りしたことも、良い思い出になりそうです。一度行ってみたいですね!



Jerry Webb

2015年2月8日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop