現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月19日更新

【パネトーネ】伝統的なミラノ銘菓パネトーネをご紹介します!

461 views

はじめに



クリスマスが近づいてくると、パン屋さんやケーキ屋さん、輸入食料品を扱うお店などに並び始めるパネトーネ。見た目はちょっとどっしりとしたパンケーキのようで、切ってみると中にはドライフルーツがぎっしり。このパネトーネ、どこのお菓子かご存知でしょうか?実はパネトーネはイタリア、ミラノの銘菓なのです。


 


今回は知っているようで意外と知らないパネトーネについて『【パネトーネ】伝統的なミラノ銘菓パネトーネをご紹介します!』と題してご紹介してまいりたいと思います。これを読んだら今年のクリスマスにはパネトーネを買ってみたくなる?かもしれません。それでは、どうぞ!



Йоана Петрова


 



パネトーネって何?



まずはパネトーネとは一体何なのかについてお話ししてまいりましょう。冒頭でも触れたように、パネトーネは毎年クリスマスが近づいてくると、パン屋さんやケーキ屋さん、輸入食料品を扱うお店などに並び始めます。ドイツの伝統的なクリスマスのお菓子であるシュトーレンと同じで、クリスマス特有のお菓子の1つとなっています。


 


パネトーネはイタリア、ミラノの銘菓であり、イタリアでは昔から定番のクリスマスケーキなのです。日本のクリスマスケーキと言えば、生クリームのホールのケーキにサンタクロースの飾りが乗っている…というかわいい物が多いのですが、ヨーロッパのクリスマスケーキはパネトーネやシュトーレンを見てもわかるように、日本のクリスマスケーキとはかなり様子が異なっています。ただ、最近ではそんなヨーロッパスタイルのケーキが注目され始めてきています。


 


このパネトーネには、クリスマスの1ヶ月前には各家庭で焼かれ、親戚や友人に配るという習慣があるようです。以前は各家庭でまとめて焼いていたようですが、最近ではパン屋さんで購入したり、スーパーで売られているパッケージに入った物を購入したりして済ませることも多いようです。そこには作り方が面倒で手間がかかるという理由も含まれているようで、“マンマの味”が一般的なイタリアにおいても、パネトーネを焼くのはパン屋さんやお菓子屋さんの仕事!と見なされ、家庭で焼かれることはあまりないのだそうです。



a sun


 



クリスマスのお菓子、パネトーネ



パネトーネがクリスマスのお菓子ということはわかったけれど、では一体どんなお菓子なのか?についてお話ししてまいりましょう。パネトーネはパンケーキの一種であり、ブリオッシュ生地の中にレーズンやプラム、オレンジピール、その他のドライフルーツを刻んだ物を混ぜ込んで焼かれた、甘くて柔らかな口当たりのパンケーキです。


 


なんだ、普通のパンケーキじゃないか、と思われる人もいるかもしれませんが、パネトーネが特別なのには理由があるのです。パネトーネ生地を発酵させる際にはパネトーネ酵母と呼ばれる特別な酵母を使用する必要があります。これを使っていなければパネトーネとは呼べないのです。ちなみにこのパネトーネ酵母は発酵の際に天然の保存料を作り出すと言われており、そのため、保存期間がとても長くなっています。その期間は常温で約3ヶ月から半年程。普通のパンケーキでは考えられない長さです。


 


最近ではドライフルーツの他にチョコチップを入れた物も人気があるようで、日本でもクリスマス前にはドライフルーツの入った物とチョコチップの入った物の両方が販売されるようになってきました。ちなみに何も混ぜ込まないで焼かれた物はヴェローナの銘菓のパンドーロであり、こちらはこちらで美味しいので是非お試しください。


 


一般的にはアイスクリームや生クリーム、サバイオーネと呼ばれるワイン入りのカスタードクリームが添えられており、それと一緒に食べるようです。もちろんそのまま食べても十分甘くて美味しいです。余談ですが、食べる前に軽くトーストするとその美味しさは格段に上がるので、トーストすることをおススメします。



the Italian voice


 




まとめ



近年、日本でもヨーロッパスタイルのクリスマスケーキが注目され始め、目にする機会が増えてきたパネトーネ。国内産の物も販売されていますが、パネトーネ酵母の育成はとても難しいそうで、空輸されて店頭に並ぶことが多いようです。筆者も日本でパネトーネを食べたことがありますが、輸入食料品店で購入した、イタリアから空輸で送られてきた物でした。パン屋さんで作られた物に比べると、やはり少しパサパサ感が残りますが、独特のどっしり感は健在です。


 


今年のクリスマスはいつものクリスマスケーキではなく、少し趣向を変えてパネトーネでお祝いしてみてはいかがでしょうか?きっといつもと違ったクリスマスパーティになると思います。それでは!



N i c o l a

2015年2月19日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop