現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月19日更新

あなたはもう食べた?イタリア生まれのお菓子アマレッティとは

12903 views

はじめに



近年、日本でもよく見るようになった輸入食料品を扱うお店。そんなお店に行くと、世界中の食材や調味料、お菓子などが手に入ります。パッケージも中身も海外で売られているそのまま、海外に旅行した時に食べたあのお菓子が手に入る…!と言うことで、筆者もよく利用しています。


 


海外旅行をする時の楽しみの1つにその土地の食事が挙げられると思いますが、お菓子もそこに含まれているのではないでしょうか?その国でしか食べられないお菓子はもちろんのこと、その国発祥のお菓子、名産のお菓子と昔から食べられてきたお菓子を楽しむのもまた旅の醍醐味の1つであると思います。


 


今回はそんな旅の醍醐味の1つである食事の中でも特にお菓子に着目してお話ししていきたいと思います。ご紹介するお菓子は、独特の軽い食感が楽しいイタリア生まれのお菓子、アマレッティです。題して『あなたはもう食べた?イタリア生まれのお菓子アマレッティとは』。アマレッティは日本でも輸入食料品を扱うお店には置いてあることが多いので、簡単に手に入れることができます。食べたことがある人も多いかもしれません。それでは、どうぞ!



Chiara Cini


 



アマレッティってどんなお菓子?



皆さんはアマレッティがどんなお菓子かご存知でしょうか?まずはそこからお話しして行きたいと思います。アマレッティはメレンゲを使用して作られたクッキーのようなお菓子です。小麦粉の代わりにアーモンドプードルと呼ばれるアーモンドのパウダーを使用し、尚且つメレンゲも使われているため、独特の風味と軽い食感が特徴となっています。ちなみに独特のほろ苦さが癖になり、杏仁豆腐が好きな人ならはまること間違いなしの風味をもっています。


 


一般的なクッキーよりも食感がかなり軽く、口に入れるとほろっと溶けるような感覚です。また、アーモンドプードルを使用しているため、ほんのりとアーモンドの風味がするのも特徴と言えるでしょう。一般的なクッキーと異なり、バターやマーガリン、ショートニングを使用しないで作られているという点もまた、アマレッティの特徴の1つです。


 


そんなアマレッティはイタリア生まれのお菓子であり、ビスコッティ・アマレットとも呼ばれています。フランスのお菓子として有名なマカロンと製法がとても似ており、一説にはアマレッティはマカロンの原型になったお菓子であるとも言われています。イタリア国内でも地方によっては大ぶりで柔らかいアマレッティを作る所と、小ぶりでカリカリっとしたアマレッティを作る所とがあり、食べ比べてみるのも面白いと思います。


 


ちなみに、中に何も入っていないプレーンなアマレッティの他に、オレンジピールやカシューナッツを入れた物、プレーンなアマレッティでチョコレートやジャムを挟んだ物などもあり、バリエーションがとても豊富なお菓子です。



Lisa Cericola


 



イタリアの味、アマレッティを食べてみよう!



お菓子を作り慣れている人であれば、材料は日本でも手に入る物ばかりですので、自分で作ることができます。この時、使用するアーモンドプードルはなるべく白い物を選ぶのがポイントです。また、メレンゲを作る際に使用するお砂糖ですが、キメの細かいメレンゲを作りたい場合には粉糖を使用すると、キメの細かい滑らかなメレンゲを作ることができるので、試してみて下さい。


 


本場イタリアでは入れない場合がほとんどのようですが、アマレッティ作りの初心者の人であれば、ベーキングパウダーを使用した方が失敗しにくいのでおススメです。ただ、若干食感がボソッとしてしまうのが残念なところではありますが…。ベーキングパウダーを使用しない方が、より口の中でほろっと溶けてしまうような食感を楽しめるアマレッティを作ることができます。


 


自分で作るのはちょっと…と言う人であれば、輸入食料品を扱うお店には大抵置いてあると思いますので、既に出来上がった物を購入するのが良いと思います。最近ではケーキ屋さんを覗いてみると、焼き菓子コーナーにアマレッティが置かれているということもありますので、そちらを購入してみても良いでしょう。



Brian J. Matis


 




まとめ



筆者が初めてアマレッティを食べたのは、それこそ輸入食料品を扱うお店で偶然見て買ったのが初めてでした。その時は特にアマレッティ目当てでお店に行ったのではなく、たまたま見つけて手に取ったのがアマレッティであったという、まさに偶然の出会いでした。食べてみた感想としては、杏仁豆腐が好きな人にはたまらないな!というものでした。


 


そして独特のほろっと溶けてしまうような食感がクセになり、イタリアを初めて訪れた際には地方ごとのアマレッティを食べ比べてしまった程はまってしまいました。はまる人ははまる、そんなお菓子です。苦いカプチーノを飲む時に一緒に食べると本当に美味しい!アマレッティを食べる時は是非カプチーノも一緒に楽しんでほしいと思います。食べたことのない人には是非一度、食べてもらいたいお菓子です。杏仁豆腐がお好きな方には特におススメです。



Alpha

2015年2月19日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop