現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月8日更新

ニュージーランドの神様、羊の文化やありがたさを紹介!

156 views

今回はニュージーランドの景色には欠かせない、羊のお話です。ニュージーランドの羊は、約3190万頭もいますが、人間の人口は440万人です。1人にやく7頭も羊がいる割合になります。


 


出典:Chema Santiago


 


ニュージーランドの人は羊を、製品価値が高いものが作っていくことができます。例えば、毛、ミルク、肉など、いろいろあります。


 



 毛を活用!



まずは、近年では当たり前の様にしてみんなが持っている、フリース素材の原料ウールは、かなりいろいろな商品となっています。フリース素材だけではなく、ムートンの中の毛も、羊の毛を使っている事も分かっていますよ。


 



ミルクを活用!



では、ミルクはどうでしょうか。フォンテラ社というミルクの加工会社もあります。まずはどのような乳製品があるでしょうか。


◯バター


◯脱脂粉乳


◯粉ミルク


フォンテラ社は、フランスやスイスの会社に続いて世界4位の乳製品メーカーです。


フォンテラ社以外にも、ニュージーランド産の羊のミルクを使ったチーズなども輸出されたりもしています。


 


ニュージーランドは生乳取扱量が世界一です。日本の3倍ものミルクが採れるそうです。


 




肉を活用!



それに、羊のお肉、ラムやマトンも忘れてはなりません。ダイエットにも効果があるとされる、マトンですが、ニュージーランド産のものが、日本にも輸入されているのが現状です。日本では、消費量は、それほどない羊肉ですが、これから人気になっていってもおかしくないですね。



出典:Tomihisa FUON


 


羊がいるから産業が発展したニュージーランドですが、これからも開発されて行くだろう羊文化ですね。行った際には、ぜひニュージーランドの神様、羊に、一目見に行ってみてくださいね。

2015年2月8日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop