現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月18日更新

イタリアの世界遺産の村「チンクエ・テッレ」の歩き方

986 views

イタリアの北西部リグーリア海岸沿いに、海に迫る険しい崖にへばりつくような5つの村が総称して「チンクエ・テッレ」と呼ばれています。北から、
 モンテロッソ・アル・マーレ (Monterosso al Mare)
 ヴェルナッツァ (Vernazza)
 コルニリア (Corniglia)
 マナローラ (Manarola)
 リオマッジョーレ (Riomaggiore)
です。狭い土地に色とりどりの家屋が密集し、青い海、緑の山と絶妙のコントラストをなしています。ユネスコの世界遺産にも登録されています。



 Rob Brink



☆主要都市からのアクセス



フィレンツェからバスによる日帰りツアーも出ていますが、自力で行くには鉄道です。
崖を縫うように鉄道路線が走っており、5つの村それぞれに駅があります。コルニリアだけは、駅から村まで徒歩20~25分くらいの登り道または階段になりますが(路線バスあり)、その他の村は駅の近くです。



モンテロッソには一部の特急が停車しますが、その他は各駅停車のみです。最も近い特急停車駅はチンクエ・テッレの南にあるラ・スペツィアで、南方からはここで乗り換えになります。
フィレンツェからは、直通またはピサ乗り換えで1時間10分~30分、ローマからは、直通で3時間20分~4時間でラ・スペツィアに到着。そこからリオマッジョーレまで8分です。



ミラノからは、直通で2時間53分、ジェノバ乗り換えで3時間20分~4時間でモンテロッソに着きます。
以上は予定の時間ですが、イタリアでは予定通りに列車が運行されることのほうが少ないので余裕をもったスケジューリングが必要です。
ラ・スペツィアからは船でのアクセスもありますが、便数は少なくリオマッジョーレまで約1時間半かかります。



Marty Portier



☆チンクエ・テッレの歩き方(1):列車



朝4時台から夜11時すぎまで運行され、昼間は毎時2,3本です。村と村の間の所要時間は、ラ・スペツィア→(8分)→リオマッジョーレ→(3分)→マナローラ→(4分)→コルニリア→(4分)→ヴェルナッツァ→(4分)→モンテロッソ です。



Filipe Varela



☆チンクエ・テッレの歩き方(2):歩いて



村と村の間には、山道を歩きながら移動できる有料のトレッキングコースが複数あります。マナローラ⇔リオマッジョーレの海沿いのコースは「愛の小道」と呼ばれ、ほとんどが舗装されており歩きやすいです。


ただ、2014年5月時点では、ヴェルナッツァ⇔モンテロッソ間以外の海沿いのコースは落石などのため閉鎖されていました。お出かけの際は事前に観光案内所(http://www.cinqueterre.eu.com/en/)でお確かめください。


このヴェルナッツァ⇔モンテロッソは海の上の断崖以上を縫うように道が続き、アップダウンが激しく、トレッキングシューズは必須です。海に面した断崖絶壁や急斜面にひろがるぶどう畑など絶景の連続ですが、ふつうの脚力で2時間近くかかります。




☆チンクエ・テッレの歩き方(3):船



唯一、海に面していないコルニリア以外は定期船が運行されています。季節によって本数が違います。海が荒れる日は休止です。



Tiemen Slingerland




☆滞在するには



宿泊施設、土産屋、スーパー、レストラン、カフェ、金融機関などが最も整っているのがモンテロッソです。駅近くには観光案内所があって、地図、列車や船の時刻表などが無料でもらえます。整備された海水浴場もあって、チンクエ・テッレのなかでは唯一リゾート地の雰囲気がしますが、いかにも観光地という喧噪はなく、落ち着いた佇まいの美しい街です。ホテルは高級ホテルから民宿まで約20くらいあります。
他の村にはホテルはなく、泊るのは民宿になります。



到着後すぐに手に入れると便利なのが、「チンクエ・テッレ・カード」です。チンクエ・テッレ内の列車が乗り放題、トレッキングコースの入場料、博物館入場料が無料になるなどの特典があります。観光案内所、トレッキングコースの入り口の券売所などで買えます。



ここには日帰する観光客が多いですが、主要都市からの移動時間を考えると、1泊することをお薦めします。トレッキングコースはちょっとした登山気分が味わえますし、おいしそうなレストランが多数あります。


観光客の去った夕方や早朝の静寂を楽しむのもよし、暗くなってから、村から少し離れたビュースポットから薄明りのきらめく村の風景を眺めるのもロマンチックです。ここチンクエ・テッレには多様な楽しみがあります。


 

2015年2月18日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop