現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月18日更新

絶品!上海の小籠包が有名なレストランTop5

884 views

人気の点心の一つ、小籠包。皮を破ると、旨みがギュッと詰まった熱々のスープがじゅわっと出てきて、何個食べても飽きがきません。日本でも色々なタイプの小籠包が販売されていて、小籠包専門店もたくさん出店していますね。今回は、本場上海で小籠包が人気なレストランTop5をご紹介します。


 



1.王家沙




josh


市内に何店舗もお店を構える、王家沙(ワンジャーシャー)。安くて美味しいと地元の人達にも人気のお店です。


人気の小籠包は、豚肉と蟹ミソが入っていて、4つで12元。とてもさっぱりしているので、朝ごはんに利用される方も多いそうです。


 



2.南翔饅頭店




SimonQ錫濛譙


1990年に創業、名の知れた老舗店の南翔饅頭店(ナンショウマントウテン)。地下鉄10号線「豫園」駅より徒歩7分のところにあります。


こちらはテイクアウトだと10個で16元と大変リーズナブル。さらにレストランでは、色々な種類の小籠包が食べられるので、食べ比べをしてみても楽しいですね。


 



3.上海飛龍生煎




Food Nut.com


焼小龍包専門店の飛龍生煎(フェイロンシェンジョン)は、魯迅公園の近くにあるショッピングセンターのなかに位置しています。


食券を買ってオーダーするシステムで、小籠包と一緒に酸辣湯スープを頼むのが人気。お昼時は地元の人たちでいつも賑わっています。


 



4.佳家湯包




Patricia Wong


地下鉄1,2,8号線の「人民広場」駅から徒歩4分のところにある佳家湯包(ジャージャータンバオ)黄河路店。


湯包(小籠包)は、食券でオーダーしてから作られるのでいつもできたてアツアツが味わえます。オーソドックスな純鮮肉湯包は12個で96元。テーブルが8卓という簡素な作りなので、空いている時間を狙って行くのがオススメです。


 




5.小楊生煎館




Angus Lau


焼小龍包の名店、小楊生煎館(シャオヤンションジエン)。上海でもっとも有名な焼小龍包店と言われていて、毎日行列が絶えません。現在、上海だけでも36店舗を展開しています。本店は地下鉄2号線「南京西路」駅から徒歩2分のところにある呉江路店。


食券を買い、席で待っていると料理が運ばれてきます。少し甘めの餡が人気の焼小龍包は4個で55元です。


 


 


いかがでしたか?上海には、小籠包専門店が数多くあり、どのお店に入ったら良いのか迷ってしまいますね。そんな時にこちらを参考にしていただけたら嬉しいです。お財布と胃袋と相談しながら、何件もハシゴしてみるのも楽しみ方の一つかもしれませんね。


 


 

2015年2月18日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop