現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月19日更新

ロシアに行ったら外せない!素晴らしい美術館7選

135 views

著者は今テレビ東京の「美の巨人たち」を観ております。


これ面白いんですよね。


 


Brandon


毎回「今日の一枚」と題してそのアーティストや作品に関する小話等を入れて紹介する番組です。


ご存知の方も多いのではないでしょうか。


 


著者は美術館めぐりが大好きで特に大英博物館とエルミタージュ美術館が大のお気に入りです。


この二つの美術館は日本では考えられないほど圧倒的なスケールでして、


美術館創設当時のその国の「国力」みたいなものを感じるからです。


 


イギリスと美術館は回った人が多いと思うので、


今日はロシアのおすすめ美術館をご紹介したいと思います。


 



①モスクワ現代美術館



 


1999年創設されました。


ロシア芸術アカデミー総裁であり彫刻家でもあるズラヴ・ツェレテリが館長を務めています。


特にピロスマニやマレーヴィチの作品の展示に人気があります。


 



②トレチャコフ美術館(State Tretyakov Gallery)



 モスクワにある美術館で世界有数のファインアートを展示しています。


もともとモスクワの商人のトレチャコフ兄弟が1851年に自邸に美術ギャラリーを開いたのがきっかけです。


 


Leon Yaakov


トレチャコフ兄弟は充分な財力と美術に対する慧眼を持っており、


多くの素晴らしい作品を収集し、そして今やロシア最大級の美術館になりました。


 


本館の建物は赤と白をモチーフにした童話に出てくるような可愛らしいファサードになっており、


こちらは1901年にロシアンの有名な建築家ヴァスネツォーフによって改修されて出来上がりました。


 


2階建て62の展示室を持ち、アンドレイ・ルブリョフの「三位一体」のイコン画や、


イリヤ・レーピンイワン・クラムスコイなどの移動派作品から現代絵画まで幅広いロシア美術を展示しています。


 



③プーシキン美術館(Pushkin State Museum of Fine Arts)



 プーシキン美術館はヨーロッパ最大級の美術館で、


収蔵品の数はエルミタージュ美術館についで世界第2位です。


 


モスクワ大学の学部長であったイワン・ウラミージロヴィッチ・ツヴェターエワ教授の


呼びかけによって創設されました。


もともと西洋美術品をメインに所蔵しており、特にフランス印象派の作品が有名です。


 


3階建て26の展示室にはアンリ・マティスの「金魚」やクロード・モネの「白い睡蓮」などが展示してあります。



plottingadiscourse


  



④エルミタージュ美術館(The State Hermitage Museum)



大英博物館、ルーブル美術館と並んで世界三大美術館の一つとされているこのエルミタージュ美術館


ロシア帝国時代の首都であるサンクトペテルブルグにあります。エルミタージュとは「隠れ家」の意味を持ち、


女帝エカテリーナの冬宮として建築されたロマノフ王朝を彷彿させる大変美しい建物です。


 


3階建てで400もの展示室ももち、世界中から集められた300万点以上の美術品を所蔵しています。


全部を観ようとすると約20km歩かなければならならず、4-5日かかると言われるほどですが、


それくらいの時間をかけてでも観たい一流の作品の数々に出会うことができます。


 


前売り券を購入しておく方が良いですが、それでもかなり待たされるのが必至です。


そのため前売り券を持っていたとしても朝一番に行くことをおすすめします。


 


Kwong Yee Cheng



⑤ロシア美術館(Gosudarstvenniy Russkiy muzey)



 


1898年に創設されたサンクトペテルブルグにある美術館。本館としてミハイロフ宮殿、


別館にストロガノフ宮殿、大理石宮殿、ミハイロフ城が使用されています。


 


ロシア美術の収蔵量はトレチャコフ美術館を優に凌ぐ40万点以上!


レーピンの「ヴォルガの船曳き」やアイヴァゾフスキーの「波」等貴重なコレクションに出会えます。


  



⑥イサク聖堂



 サンクトペテルグルグ市内にあるロシア正教会の大聖堂。


美術館ではないですが、美術的なものに興味がある人にはおすすめの場所です。


 


聖イサク聖堂の屋根には立派な天使の彫刻があり


ロシア・ビザンチン建築様式を元に建設された外観は荘厳そのもの。


 


聖堂内も天井画やステンドガラス等美しい絵が描かれているので一見の価値ありです。


 


Thibault CHAPPE


 




⑦血の上の救世主教会



 ロシア皇帝アレクサンドル2世が暗殺されたため、この名前が付きました。


教会内は壁画や天井画が圧巻です。豪華なシャンデリアもあり観ていて溜息がでます。


 


以上ロシアは歴史が古く観る所がたくさんあります。


特に美術館巡りをすればロシアの時代背景や宗教的な考え等が垣間見えるので面白いです。


是非足を運んでみてください。

2015年2月19日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop