現在17271個の困ったを解決できます!

2015月5月26日更新

現地でチリ料理の食べ歩きをしよう!安くておいしいチリ料理まとめ

9696 views



バックパックでチリを訪れる予定です。チリの観光地はいくつかチェックできましたが、現地のおすすめ料理がわかりません。教えて下さい。(大学2年生・男性)






日本からは距離があり、訪れるのに時間もお金もかかることから、なかなか気軽には訪れることのできない南米大陸。


しかし、遺跡などの世界遺産や絶景の自然遺産が多いため、世界中から訪れる人の多い場所となっています。


もちろん日本からも毎年多くの人が訪れており、人気の渡航先の1つと言えるでしょう。


今回はそんな人気の南米大陸の国々の中でも、チリにスポットを当ててご紹介してまいりたいと思います。


旅の楽しみと言えば、観光と食事!


皆さんはチリ料理がどんな物かはご存知ですか?なかなかパッと思い浮かぶ人は少ないと思います。


今回はそんなチリ料理をメインにご紹介してまいります。


題して『現地でチリ料理の食べ歩きをしよう!安くておいしいチリ料理まとめ』。


それでは、どうぞ!



alobos Life


 



チリ料理あれこれ



チリ料理を一言で表すとすると「美味しい」。その一言に尽きます。


食事が美味しい国は世界に数あれど、安くてあのクオリティの高さの料理はなかなかないと思います。


事実、南米大陸の国々の料理は軒並み日本人の口に合う美味しい物が多いのですが、その中でもチリ料理のレベルはかなり高いです。


 チリ料理はチリの原住民の食文化とスペインの食文化が見事に融合しています。


特にスペインからの影響は大きいものとなっており、スペインによってもたらされた材料や習慣、調理法が現在のチリ料理に多大な影響を与えていると言っても過言ではないでしょう。


主食は豆であり、チリ料理の中には豆を使ったメニューが多くあります。


日本でもお馴染みのレンズ豆を多用しており、とってもヘルシーです。


南米の国ということもあり、お肉もしっかり食べますが、意外なことに魚もしっかり食べます。


チリと言えば、サーモンです。スーパーの鮮魚コーナーを見てみると、チリ産のサーモンが並んでいることもちらほら。


日本でもお馴染みの食材であるサーモンは、チリでも人気の食材です。新鮮なサーモンを使用して作られたセビーチェは絶品です。



Ride to dine


 



安くて美味しいチリ料理その①チリを代表する料理、カスエラ



まずご紹介したいのは、チリを代表する料理である「カスエラ」です。チリ版のポトフと言えば良いでしょうか、大きくカットされたとうもろこしやじゃがいも、にんじん、牛肉、玉ねぎをコトコトと煮込んで作られたスープです。具が大きいので、スープと言ってあなどるなかれ、結構お腹がいっぱいになります。メインになってしまいそうなスープ、カスエラはお腹にも嬉しく、見た目にも華やかです。


 


お米を一緒に入れる場合もあり、オレガノの風味の効いたスープをしっかり含んだお米が美味しいです。南米の国々の料理に欠かせないアイテムであるニンニクが使われているので、その香ばしい香りが食欲をそそります。筆者はもちろんお米を一緒に入れたタイプの物が好きです。リゾットのような感じになり、何とも言えなく美味しいのです。


 


ちなみにこちらのカスエラ、最初にスープを飲み干し、残った具にトマトやタマネギなどの野菜を載せて食べます。載せる野菜はお好みだそうですが、現地の人にすすめられたのがトマトとタマネギでした。もちろん美味しかったです。1皿で2度も3度も美味しい、そんな嬉しい料理です。



Francisco Javier Argel


 



安くて美味しいチリ料理その②スペイン語圏ではお馴染み、エンパナーダ



スペイン語圏でよく見るエンパナーダですが、もちろんチリにもあります。具材をパイ生地で包んで焼いた、いわゆるパイ料理なのですが、この類の料理にまずハズレはありません。チリのエンパナーダもとっても美味で、これはチリを訪れたのなら、必ず食べてほしい料理の1つです。挽肉とタマネギ、オリーブ、ゆで卵などを炒めた物をパイ生地で包んで焼いたシンプルな料理ですが、そのシンプルさの中に美味しさがギュッと詰まっています。


 


ちなみにパイに包む具材ですが、これは地方によって様々だそうです。挽肉をメインとする地方もあれば魚介類メインの地方もあり、チーズを入れる地方や野菜をたっぷり入れる地方もあるのだとか。また、家でも簡単に作ることができるため、その場合は各家庭によって好きな物を入れているようです。余談ですが、他のスペイン語圏のエンパナーダと比べても、チリのエンパナーダはレベルが高いです。筆者が食べたのは挽肉メインの物でしたが、その美味しさにノックアウトされそうでした。


 


このエンパナーダはチリでは軽食として食べられており、路上でもよく売られています。小腹が空いた時に買って食べ歩くと、更に美味しく感じます。チリの人々も小腹が空いた時に重宝しているようで、学生さんや仕事帰りの会社員の人が多く買って行くのだとか。



Robyn Lee


 



安くて美味しいチリ料理その③おススメを一挙紹介



チリには美味しい料理が本当に多く、ご紹介したい物がたくさんあります。ですので、こちらでは筆者のおススメのチリ料理を一挙まとめてご紹介してまいりたいと思います。簡単な解説付きですので、実際に訪れる際の参考にしてみて下さい。


 



チュペデマリスコス



チュペデマリスコスは魚介類を少ない水分で煮た物にとろみをつけ、チーズをかけてオーブンで焼いた料理です。これは美味しいです。魚介類とチーズが合うのはもちろんのことですが、貝から出た出汁がよく効いた、少量のスープが絶品です。ちなみにとろみ付けにはパン粉や牛乳、クリームなどが使われており、お腹にも嬉しいボリュームです。



James


 



セヴィーチェ



ペルーでよく食べられている魚介類のマリネですが、隣国のチリでもよく食べられています。チリは海に面しているため、魚介類を食べる習慣があるのですが、特によく魚介類を食べるのはチリ北部です。チリ北部とペルーは隣接しているので、ペルーの郷土料理であるセヴィーチェがチリの郷土料理であるという点も納得できます。魚介類をレモン果汁とタマネギ、そして香菜でマリネした物のため、日本人の口にもよく合います。サーモンのセヴィーチェがおススメです。



James


 



アユヤとマンハーユ



アユヤとマンハーユはチリの朝の定番メニューです。これがないと一日が始まらないと言っても良いくらいの物で、日常的によく食べられています。ちなみにアユヤは丸い形のやや固めの平たいパンで、マンハーユはドゥルセデレチェというコンデンスミルクなどからできた濃厚なクリームと同じ物です。アユヤにたっぷりのマンハーユを塗って食べるのですが、とっても美味しいです。朝から大量に食べられそうです。


 


アユヤは2層に割れやすくなっていて、そこにマンハーユを塗って食べたり、野菜を挟んで食べたりします。挟む野菜は何でも良さそうですが、アボカドが筆者のおススメです。アボカドの濃厚な風味がアユヤによく合います。



Edupss!


 




まとめ



『現地でチリ料理の食べ歩きをしよう!安くておいしいチリ料理まとめ』と題してチリ料理についてご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?基本的に肉料理が多い南米の国ではありますが、チリは海沿いの国ということもあり、新鮮な魚介類を使用した料理も多くあります。日本人の大好きなサーモンを使用した料理も多くあるので、是非現地で食べて頂きたいと思います。


 


香菜は多く使いますが、基本的に日本人の口に合うタイプの味付けのため、旅行中に食事に困ることはまずないと思います。チリと言えばイースター島の玄関口であり、日本人を含め、多くの人々が集まる場所です。チリ旅行の際は南米の国々の中でも上位にランクインするであろうチリ料理を堪能してみて下さい。それでは、良い旅を!



Scorpions and Centaurs

2015年5月26日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop