現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月6日更新

化粧水の効果を最大限に発揮させる5つのコツ!

441 views



なかなか気に入ったスキンケア用品が見つかりません。自分に合ったものってどうやって探せばいいんでしょうか?


(大学2年生 女性)






スキンケアをする女性


© naka - Fotolia.com


なかなか合う化粧水が見つからない…。


もっと合う化粧水があるんじゃないのかと、化粧水ジプシーを続けていませんか?


でも本当は、あなたが化粧水の効果を最大限に発揮させていないだけかもしれません!


5つのコツを押さえて、手持ちの化粧水でお肌の調子をグッと上げていきましょう。



 

コツその1・プレ化粧水で下地を作ろう!



プレ化粧水という言葉に馴染みが無い方も多いかもしれません。


しかし、これひとつで効果がグンと上がります。


化粧水をつける前に、化粧水が入りやすい状態に整えるのです。


よくドラッグストア等で見かけるのが


温泉水のスプレー「アベンヌウォーター」。



画像出典:frammes


温泉水がきめの細かいスプレー状に出てきます。


それを手のひらでやさしくパッティングすることによって、


まずは肌の肌理をふっくらと整えることで、化粧水の浸透が抜群に良くなります。






コツその2・化粧水はコットンでパッティングがベスト!



コットンを使うと化粧水の減りが早そう…と手でパッティングする方もいますが、


効果が出なければそもそも化粧水をつける意味がありません。


手とコットンでは、塗布量が3倍違うと言われています。


しかし、化粧水を3倍使うかといったらそうでもないのです。


目元や口元にも、コットンのほうが細かく叩き込むことが出来ます。






コツその3・塗布した後のコットンで、さらにトドメを!



パッティングした後のコットン…これはそのまま捨てるには惜しい価値があります。


まず、厚みが裂けるタイプのものであれば半分に裂きます。


そして、目元などの特に乾燥が気になる部分にあて、手のひらでしっかりと押さえるのです。


そうする事によって、さらに奥深くまで浸透させることができます。






コツその4・手のひらで、お顔全体をじんわりあっためよう!



コットンで充分に化粧水を浸透させた後は、


手のひらでお顔全体を包み込んでじっくりと圧をかけていきます。


これでより深くまで浸透&手のひらの温度で温熱効果も望めます。


ただお顔を包んで押さえるのではなく、


下から上に軽く持ち上げるようにして行うとリフティング効果も!







コツその5・化粧水だけでは効果半減! 必ず乳液を使って、潤いを閉じ込めよう



暑い時期などは「お肌の乾燥もあまり気にならないし、乳液は要らないかな…」となりがちです。

しかし、どんなに化粧水を効果的に使っても、

乳液で潤いを閉じ込めなければ逃げていく一方です。

ベタツキが気になるから乳液を使いたくないという方もいますが、

それは乳液の使い方が間違っているからベタつくのです。

 

乳液を手のひらに取り、まずは温めます。

そして、しっかり化粧水を浸透させたお肌に塗布していくわけですが、

ありがちなのが「お顔に塗るだけで、ベタベタするから手のひらの乳液は洗ってしまった」というもの。

確かに塗っただけではベタつきます。

しかし、さらにそれを【コツ4】のようにしっかりと浸透させると…お肌はモチモチ、ベタつきも気にならなくなるのです。

化粧水の効果を最大限に発揮させるためには、乳液の効果的な使い方も覚えておくことがとても重要です。

 

 

新しい化粧水をあれこれ試すより、まずは手元のあるいつも使っている化粧水を効果的に使いましょう。

もしそれでも効果が物足りないと思ったら、ボディー用にすればいいのです。

ちょっとの手間で、ぷるぷるお肌を目指していきましょう!

2015年7月6日

written

by シモガモ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop