現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月11日更新

日本を代表する現代美術館ベスト7

801 views

現代芸術の不思議な感じが好きです。日本で現代美術が見られる、おススメの美術館を教えてください!

(大学1年生・女性)


 

「現代美術」と一口に言っても、どのようなものを現代美術と呼ぶのか、はっきりしたイメージって浮かびにくいですよね。
まさにそれが現代芸術の特徴で、大きさも素材も、表現方法も様々に、
数世紀の美術の歴史を踏まえて、出来上がったイメージを壊してしまうような前衛的な作品群をそう呼ぶのです。

個性豊かな作品たちを集めた、日本各地の美術館を紹介します!

 

十和田市現代美術館




画像引用元

青森県・十和田市にある現代美術館。
屋外で展示している作品が多数あり、無料で楽しめちゃうんです!
こちらの美術館でオノ・ヨーコが展示している『念願の木』は、訪れた人々が願いを記した紙を、
木の枝に吊るしていくことで作品が完成するという、参加型の作品です。
自分が作品に関われるって、素敵でワクワクしますよね!

併設されているアートカフェで、余韻に浸ることもできますよ。

 

アクセス・料金



七戸十和田駅または八戸駅からバス。
詳しくはこちら→http://towadaartcenter.com/web/access1.html
常設展:510円
特別展:展示ごとに異なる

公式サイト:http://towadaartcenter.com/web/towadaartcenter.html

 

池田20世紀美術館




画像引用元

静岡県にある、日本初の現代美術館。
ピカソが88歳のときに描いた『近衛兵と鳩』や、
アンディ・ウォーホルの『マリリン・モンロー』などが収められています。
約100点が常設展示されているほか、数か月ごとに作品が入れ替わる特別展もあります。

 

アクセス・料金



JR「伊東駅」前から東海バス6番のりば発に乗り「池田美術館前」下車。
伊豆急「伊豆高原駅」より、[一碧湖行き]東海バスに乗り「池田美術館前」下車
入館料:1000円

公式サイト:http://www.nichireki.co.jp/ikeda/

 

軽井沢現代美術館




画像引用元

長野県・軽井沢にある現代美術館。
草間彌生など、日本を離れ、海外で高い評価を得た日本人作家の作品を展示しています。
カフェコーナーでは、入館料に含まれているお茶とお菓子のサービスを受けられるので、鑑賞後にホッと一息つけますよ。

 

アクセス・時間



JR 軽井沢駅北口から、町内循環バズ「中軽井沢駅」に乗り、「図書館前」下車。 徒歩5分。
入館料:大学生800円、一般1000円。

公式サイト:http://umi-karuizawa.blogspot.jp/

 

国立国際美術館





画像引用元

大阪・中之島にある完全地下型の美術館です。
壁画や影を映し出す作品が常設展示されているほか、
数か月ごとに変わるコレクション展・企画展が開催されています。

 

アクセス・料金



京阪中之島線 渡辺橋駅(2番出口)から、南西へ徒歩約5分
御堂筋線 淀屋橋駅(7番出口)より土佐堀川を越え西へ徒歩約15分
常設展:大学生130円、一般430円
企画展:その都度変更

公式サイト:http://www.nmao.go.jp/index.html

 

金沢21世紀美術館




画像引用元

石川県金沢にある、ガラス張りの美術館です。
屋根の上にいることで完成する作品、『雲を測る男』や、
水中にいる気分を味わえる『スイミング・プール』など、ユニークな作品が数多く展示されています。

 

アクセス・料金



JR金沢駅バスターミナル 東口7~10番、西口5番乗り場より、
バスにて「香林坊(アトリオ前)」下車、徒歩約5分。
入館無料。企画展は別料金でその都度異なる。

公式サイト:http://www.kanazawa21.jp/

 

広島市現代美術館





画像引用元

広島市にある現代美術館。
展示品を数か月ごとに入れ替えるコレクション展は、毎回、現代美術らしいテーマと切り口が設定されています。
また、野外彫刻も数多く展示されています。

 

アクセス・料金



広島駅から路面電車5番「広島港行き」に乗り、「比治山下」下車、約500m
コレクション展:大学生270円、一般370円
特別展:その都度異なる

公式サイト:http://www.hiroshima-moca.jp/

 

地中美術館




画像引用元

瀬戸内海・香川県直島にある美術館です。
直島の美しい景観を守るために、ほとんどが地下に埋没しているこの美術館は、
有名な建築家・安藤忠雄が設計しました。

地下には最晩年のモネが描いた『睡蓮』シリーズがあり、自然光のみで鑑賞できます。

 

アクセス・料金



直島へは船でしか行けないので注意。
詳しくはこちら→http://www.benesse-artsite.jp/access/index.html

鑑賞料は2060円。

公式サイト:http://www.benesse-artsite.jp/chichu/index.html

 

いかがでしたか?
紹介した美術館では、有名な芸術家の作品が収められています。
素晴らしい作品にたくさん触れて、芸術に親しくなってくださいね。

2015年7月11日

written

by mmm22


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop