現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月25日更新

就活生必見!OBOG訪問のアポイントをとる方法

609 views

OBOG訪問をする際に気を付けるべきマナーを教えてください!(大学3年生・男性)


OBOG訪問をする前には、必ずアポイントをとる必要がありますよね。

アポイントの方法ですが、まだ就職活動が初期段階ということもあり、マナーに欠けている学生が多く見られます。

OBOGで好印象を持たれるためには、マナーに気をつける必要があります。

ここで、マナーに気をつけたOBOG訪問におけるアポイントをとる方法について、整理してみましょう。

就職活動について初心者の学生向けに、丁寧に解説していきます。

スケジュール帳

 

メール



メールをする場合は、当たり前ですが敬語を使いましょう。

ビジネスメールですので、軽い感じのものは厳禁です。

しかし逆に丁寧になりすぎてもだめです。

自然な敬語を心がけましょう。

メールでは最初に次のように記述するのが基本です。

〇〇会社
〇〇部 〇〇様

会社名は省略せずにきちんと書くことが大切です。

「株式」のつけわすれには気をつけてください。

その人が何の部に入っているかも確認し、ちゃんと書いておきましょう。

名前の最後に「様」をつけるのも忘れずに。

そしてメールの最後には、次のようなことを記述しましょう。

〇〇大学 〇〇学部
氏名 名前
携帯:000-0000-0000
mail:〇〇〇〇

大学名、氏名、そしてメールアドレスも忘れないようにしてください。

これは向こうから、連絡がしやすいようにするためです。

後意外に忘れがちなのが、メールの件名です。

企業で働く人は、たくさんのメールを受信します。もちろんスパムメールも送られてくるでしょう

そうなると、件名がないメールは、見てもらえない確率が高いです。

なので、件名は忘れないようにしましょう。件名は「OBOG訪問について」などでよいでしょう。

OBGO訪問の希望日程などは、しっかりと明記しましょう。

また、読みやすいように、所々に改行をいれることも心がけましょう。

 

電話



電話でアポイントをとるのは、メールよりも確実で安心な方法ではあります。

しかし、緊張してしまってうまく話せなくなってしまい人もいるでしょう。

緊張して、話す内容を忘れてしまうかもしれません。

そういう心配がある人は、電話よりもメールでした方がいいでしょう。

電話をするときは、紙とペン、自分のスケジュール帳を手元に置いておくようにしましょう。

電話する時間帯ですが、当たり前ですが、平日にかけましょう。

できれば平日でも、忙しい月曜日の午前中や、昼休みなどは避けたほうがいいでしょう。

電話で話すときは、最初に大学名学部名、氏名、要件を伝えましょう。

このとき、早口にならないように注意しましょう。

電話で話すときもしっかりと、どの日時を希望するのか話しましょう。

電話を切るときには、しっかりとお礼を言いましょう。

 

 

メールでアポイントするにしても電話でするにしても、丁寧さを心がけることが肝心です。

OBOG訪問のアポイントの段階でしくじらないように、しっかりと確認をしておきましょう。

アポイントのマナーが良ければ、お互いに気持よくOBOG訪問ができると思われます。

 

2015年2月25日

written

by 二夜弘樹


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop