現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月25日更新

OBOG訪問でES添削をお願いするメリットデメリット

3642 views

OB訪問でエントリーシートを添削してもらうといいと聞きますが、やっぱりそうしたほうがいいですか?なんだか申し訳ないのですが…(大学3年生・女性)


OBOG訪問で、エントリーシートの添削をお願いする人もいると思います。

一見すると、かなり意識の高い行為に見えます。

確かに、OBOGにエントリーシートを見せることをメリットはあります。

しかしながら、デメリットもいくつかあります。

今回はそれを整理し、自分が本当に添削をお願いしてよいか、確認してみましょう。

ビジネスマン

 

メリット



 

社会人目線からの、的確なアドバイスがもらえる



これが主なメリットでしょう。 社会人になることで、分かることは多々あります。

そして、社会人の常識から大きくはずれたようなエントリーシートはたいてい落とされます。

もちろん、ネットで社会人の常識を調べ、自分で添削していくのもできます。

しかし、OBOGに添削してもらった方が、遥かに効率がいいでしょう。

 

ほめられると自信になる



自分のエントリーシートがほめられると、自信がそれだけでわいてきます。

なにしろ実際にその会社で働いている人に言われるのですから。 更に、モチベーションだってあがります。

就活の序盤でモチベーションがあがれば、スタートダッシュが図れます。

エントリーシートでほめられた部分は、面接でも活用することができますね。

ただしほめられたからといって、エントリーシートが必ず通過できるとは限りません。

その理由とは?

 

デメリット



 

添削をいやがる人もいる



添削を喜んでひきうけてくれる人もいます。特に若い方はその傾向にあります。

しかしあまり添削をやりたくない、という人もいると思われます。

添削をやりたくない人に、何回も繰り返し添削をお願いするのはやめましょう。

自分から、添削を希望するなら見てあげるよ、と言ってくれるOBOGもいますので、そういう人には繰り返し添削をお願いするのがいいでしょう。

 

アドバイスが正しいとは限らない



そもそも、アドバイスが正しくない場合もあります。

OBOGは、人事経験者が非常に少ないと思います。

なので、人事の目線にたったアドバイスをするのが難しいです。

もちろん、実際に働いている目線からみてどうか、というアドバイスはできるのですが。

実際にエントリーシートを見るのは人事の人なので、どうしても多少はずれが生じてしまいます。

なのでエントリーシートがほめられたからといって、かならず選考を通過できるというわけでないのです。

そして、エントリーシートが酷評されたからといって、かならず落とされるというわけでもないです。

 

自信をなくす場合がある



エントリーシートが酷評される可能性もあります。

もちろん酷評されても、たちなおれる強いメンタルの人はいいですが。

酷評されると、その会社をうける気が起きなくなってしまう人もいるでしょう。

特に自分の文章に自信を持っている人は、要注意です。かなり落ち込むことになります。

もちろん、それを乗り越えることで得られるものもあります。

しかし、落ち込でしまったら、立ち直るのに時間がかかるということも覚えておいた方がいいでしょう。

 

以上が、OBGOにエントリーシートを添削してもらう上での、メリットデメリットです。

それぞれよく考えた上で、自分が本当に添削してもらった方がよいか考えましょう。

2015年2月25日

written

by 二夜弘樹


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop