現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月6日更新

お金をかけずに綺麗になる、「肌断食」の方法とは

4296 views

スキンケアを見直したいと思っています。いろいろなグッズを使わない「肌断食」というものがあると聞いたのですが、本当に効果があるのでしょうか?

(大学3年生 女性)


レトロな化粧品ポスター

 

女性は「いつまでも綺麗な肌を保てたらな…」と思いますよね。
現代の化粧品は、美白効果や潤い効果、しみやそばかす対策などたくさんの悩みを解決してくれるいろいろな商品が出回っています。
その中でも美肌になる為の方法は、毎日の“スキンケア”。
夜にクレンジングで化粧を落として、洗顔を行い、化粧水や美容液を塗って就寝。
翌朝洗顔をして、化粧水、乳液を塗ってメイクを始める、という毎日の習慣をされている方が多いと思います。
そんな忙しい毎日の中で重要なのは、“「化粧水」や「美容液」「洗顔料」をどれにするかのチョイス”と思われているかもしれません。

しかし、それは間違っています!

もっと簡単な方法で美肌になれる道があるのです。
それは「顔に何もつけないで過ごす」こと。
「肌に悪い!」「潤いがなくなる!」と思われるかもしれません。
「洗顔後はすぐに化粧水をつけて、水分が蒸発しないように、クリームでフタをするように」と言われています。

しかしそれは、“洗いすぎ”で失われたものを補充するためのことなのです。
ここで重要なのは、「肌自身の再生能力を上げる」こと。

本来持っている肌力を回復させるためには、お肌を甘やかさず何もつけないでください。
この方法こそが、「肌断食」と言われる新しいスキンケアなのです。

 

洗顔料を変えてみる



「お肌の汚れはしっかり落とす」というのが、一般的な常識ですよね。
しかし、“落としすぎ”は肌を守る膜まで洗い流し、肌表面を削り取ってしまうのです。

では、どんな洗顔が正しいのでしょうか。
まずは、洗顔料を選び直しましょう。
肌を守るためには、天然由来で刺激が少ない洗浄剤がオススメです。
つまり、「石けん」ですね。
「洗顔フォームじゃないの?」と疑問を持たれるかと思います。
洗顔フォームなどの洗顔料には、ケミカルな界面活性剤が使われています。
この成分は、非常に洗浄力が強く、肌に大きな負担を与えてしまうのです。
それらが使われていない「純石けん」や「無添加石けん」などがいいでしょう。
「純石けん」は100円ショップでも販売しています。

ただ、注意点は、「肌質は、人それぞれ」ということです。
どの洗顔料が自分の肌に合うのか、色々試してみてもいいでしょう。
また、洗顔フォームでも「石けん素地」という石けんベースのものもあるので、それもチェックしてみるのもいいかもしれません。

 

「夜だけ肌断食」にチャレンジ!



「肌断食」は食の断食と同様、いきなり長期間にチャレンジという前に、短期間を連続して実践することをオススメします。
手順は簡単。
クレンジングでメイクを落とします。
化粧水、乳液、クリーム、美容液、パックなど何もつけず、洗顔後はほったらかしにするだけ。
最初はお肌のつっぱりを感じてしまうかもしれませんが、それはお肌が再生しようと働いている証拠です。
つっぱり感がひどいと感じてしまう時だけ、ジェルやクリームをその部分にほんの少しだけ薄くのばしてください。
ジェルやクリームは少しずつ量を減らしていき、何も使わない状態が理想です。

 

「週末3日肌断食」にステップアップ!



 

次のステップでは、金曜日の夜から月曜日の朝まで、丸3日間、肌断食をしてみましょう。
手順は、「夜だけ肌断食」と同じ。
出来れば「週末3日間肌断食」の期間は、ファンデーションをパウダーに変えたり、
マスカラはウォータープルーフのものではなく、お湯で落とせるフィルムタイプを使うなど、石けんだけで汚れを落とせるようにしましょう。

 

「ずーっと肌断食」を続ける



 

「夜だけ肌断食」「週末3日間肌断食」を続けているうちに、お肌の再生能力が回復していきます。
最終段階は、肌力の高いお肌を作る「ずーっと肌断食」に挑戦してみましょう。
お手入れ最小限でも、トラブルが少なく、キメの整った肌に近づいていきます。

 

プラスアドバイス



 

お肌は生理周期と関係ある!



月経が終わったあとの7日間は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌がピークになるため、お肌が潤う時期です。
このタイミングで肌断食を行うと、より効果が上がるのでオススメ。

 

日焼け止めクリームはOK



長時間外にいる場合は、日焼け止めクリームを塗ってもOK。
日焼け止めクリームは、ワセリンベースのものが理想です。
また、素肌に米粒半分量のワセリンを塗ってから、紫外線吸収剤と防腐剤(パラベン)の入っていない日焼け止めクリームを塗るのもいいでしょう。
ワセリンにはお肌をバリアする成分がありますが、付けすぎには注意!

 

トラブルを感じてしまうけれども…



肌状態はいつも同じではありません。
カサカサになったり、粉がふいてきたりと、ボロボロになってきてしまう時期もあります。
しかしそれは、肌が再生しようと奮闘している証拠です。
諦めずに続けていると、理想のお肌に近づけます。

 

いくつになっても綺麗なお肌



 

「肌断食」を続けていると、毛穴の黒ずみや、顎のザラザラも薄れていきます。
また、顔だけではなく、足の裏のかさつきも同様に肌断食をすれば、ツルツル効果が得られます。
外側からのスキンケアだけではなく、しっかり3食食べ、適度に運動をして汗を流し、しっかり睡眠をとるという内側からの美容も必要。
お金をかけなくても、綺麗になれる方法、是非挑戦してみてください!

2015年7月6日

written

by fmi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop