現在17271個の困ったを解決できます!

2016月9月20日更新

恋愛に我慢は必要?!恋人との関係を長続きさせるための気遣い5つ

40485 views

今付き合っている彼氏と、ずっと仲良くしていきたいです。良い関係を保つためには、自分のことばかりではいけないと思うのですが、どんな気遣いが必要なんでしょうか?

(大学1年生 女性)





画像出典:http://free-photos.gatag.net/2013/08/27/150000.html


恋人ができたらずっと一緒にいたいですし、いつまでも側にいてほしいですよね。


でも、毎回すぐ別れてしまう場合や、良い人に出会えないという方もいると思います。そんな不安を抱えている人たちへ、ちょっと我慢しなければいけないけれど、恋愛を長続きさせるコツをご紹介します。


少しでも参考にしていただけたら、うれしいです。







1.程よく距離をとる



付き合い始めはラブラブしたいと思いますが、ある程度その期間が過ぎたら、少し距離をとってみましょう。


ポイントは、相手の反応を見てみることです。距離をとるタイミングも、距離をとった後も、相手の反応を見てみてください。


恋は駆け引きと言われるように、自分だけ相手に近寄ると安っぽく見られてしまう可能性があります。


安っぽく見られないためにも、自分でコントロールする気持ちで近寄ったり距離をとったりしてみてください。


相手が距離をとられて寂しがってるようでしたら、自分から近寄ってください。

ラブラブ度が増すこと間違いなしです!ずっとくっついていたら、相手はそれが当たり前と思ってしまうので、少しのスパイスを加えてあげるイメージで。


刺激もときには、必要です。



また、会えない期間があると、会える喜びを長く実感することができます。




そうすることで、恋人が傍にいるありがたみを当たり前にしないでいられます。






2.自分の時間をつくる



大学生になると親元を離れて暮らしている方は、恋人との同棲を考える方も多いと思います。


しかし同棲で大変なのは、ずっと一緒なことです。学部が一緒であれば、バイトの間以外毎日ほぼ一緒にいることになります。


それでは息が詰まってしまうのです。“自分の好きなことを一人で集中して出来る時間"、これを作れるか作れないかでは大きく違ってきます。


相手に対しても、一人の時間を作らせてあげれるように、配慮してあげることも必要となってきます。


「一人になりたい」というときは、あなたのことを嫌いになったわけではありません。不安になるときもあるかもしれませんが、相手をがんじがらめにせず、自由にさせてあげてください。







3.趣味を否定しない



誰でも好きなこと、嫌いなことがあると思います。特に好きなことに関しては、絶対否定をしてはいけません。


趣味を否定されたら、自分を否定されているようなものだと感じてしまうからです。そして、相手が趣味を共感してほしいと欲求してきたら、一緒にやってみてください。相手のことを分かるためにも、チャレンジすることは大事です。


もしかしたらはまって、恋人と一緒に楽しめるかもしれません。


はまらなかったとしても、「相手はこれが好きなんだ」と分かってあげてください。もちろんあなたも相手に対して、共感を求めてもOKです。







4.溜め込みすぎず、吐きすぎず



ケンカをしたり、イライラすることがあったときは、心の中のモヤモヤは溜め込みすぎてはいけません。


ストレスになってしまって、自分を追い込んでしまう可能性があるからです。なので、相手に自分の思っていることを吐いていきましょう。


しかし、逆に吐きすぎてもいけません。思っていることをなんでもかんでも吐き出してしまっては、スッキリするどころか、思ってもいない怒りの感情が湧き出てきてしまうときがあるため、ますます負の感情に包まれてあなたの魅力がなくなってしまいます。


感情的に吐き出してしまったら、「言い過ぎた」と謝る。そして、頭の中で感情と向かい合って、言葉に出す。


「これを言ったら、まずいかな」と思うことは言わない。言っておけばよかったということは、後々からでも自分の誠意を伝えれば大丈夫です。


あくまでも、“相手のことを考えて"。自分の気持ちをセーブ出来るようになりましょう。







5.愛情を伝える



「ありがとう」「ごめんなさい」「好き」「愛してる」など、相手に感情をしっかり伝えましょう。


人は頭では分かっていても、言われなければ気付かないことや、言われてうれしいこともあります。「言わなくても分かるだろ」は、通じないと思ってください。


感謝や謝罪の言葉はもちろんのこと、「好き」「愛してる」は自分の口からしか伝わらないので、恥ずかしくても伝えてみてください。


相手はうれしく思い、ラブラブ度が増します!伝えられるときに、ちゃんと伝えることが重要です。相手もそれに応えてくれるでしょう。








おわりに



人と人との付き合いの上で大切なのは、“相手を尊重する気持ち"です。自分がしてほしいことは、相手にしてあげると同じように、自分のことを分かってほしければ、相手のことを分かってあげてください。


注意するのは、理解した後です。言い方一つで、捉え方も変わってくるので、相手に伝えるにはどの方法がいいのか、いろいろと試してみてください。


なにより「相手のことが好き」、「大切」という気持ちを忘れなければ、おのずとずっと一緒にいることが出来るでしょう。

2016年9月20日

written

by fmi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop