現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月14日更新

これで治せる!薬に頼らない風邪の治し方

1935 views

ひとり暮らしなのに風邪を引いてしまいました…

薬に頼らず風邪を治すにはどうしたらいいでしょうか?(大学1年生・女性)


 

風邪に罹患した女性

 

季節はもう秋ですね。


季節の変わり目は体調を崩しやすいものです。


まだ残暑を感じますが、これから段々と寒くなり冬に突入・・・・風邪をひく機会が増えるシーズンです。



 

ひとり暮らしで風邪熱でダウンするとなかなか薬も買いに行けませんし、


看病がしてくれる人が側にいないのはつらいものです。


今回はそんな時、お家で薬を使わず治す方法をいくつかご紹介したいと思います。



 

 

鼻うがい



鼻うがいを皆さんはご存知でしょうか?


その名のとおり鼻を洗浄して汚れや雑菌をとるという昔から親しまれている治療法です。



 

やり方は水を煮沸してカルキ等飛ばし、冷ましたぬるま湯に塩をひとつまみ程入れて食塩水を作ります。


それを鼻の穴片方ずつゆっくりと吸い込み、最後は軽くティッシュ等で鼻をかめば終了です。



 

食塩水で鼻の中の汚れやウイルスを殺菌するので、実行後は


鼻水で詰まっていてモヤモヤしていた状態がスッキリします。


ここで注意したいのが、必ず煮沸した水をつかうことです。



 

鼻にダイレクトに入れるものですから、雑菌をながしこんでしまったら本末転倒になってしまいます。


煮沸をして、人肌に冷ましてから実行するようにしましょう。



 

生姜湯



次はスタンダードですが、よく効く生姜湯をご紹介します。


チューブタイプのしょうがは色々食塩等入っているので出来れば


無添加しょうがパウダーや、生しょうががおすすめです。



 

そのままお湯に入れて飲みづらい場合はハチミツを入れてもいいでしょう。


しょうがによる発汗作用で熱も楽になり、はちみつの殺菌作用にて喉の炎症をおさえる効果も期待ができます。


また、はちみつには善玉菌を増やしてくれる効果もあるので腸の調子も整います。



 

大根はちみつ



軽い風邪で引き始め程度でしたら大根はちみつはどうでしょうか。

しょうががニガテ、家にない方にもオススメです。


大根を賽の目に切ってはちみつに漬け込み、2~3時間後大根を取り出せば完成。



 

この汁をお湯で割って飲んだり、そのまま食します。


時間がかかるので、もっと手軽に大根を摂取したい方は大根おろしでも可です。


大根の辛み成分が炎症をおさえタンを切る効果があります。



 

足湯



足は第二の心臓というように、引力の関係で身体の腐敗物は足に溜まります。


血行を良くして外に排出することが大事です。



 

40度ほどのお湯を桶にはり足を20分ほど温めるだけで身体はポカポカ。


血のめぐりの良さを感じられます。



 

あら塩を入れれば更に効果アップで、マグネシウム等の成分が新陳代謝を促してくれ


より保温効果も感じることが出来ます。



 

 

色々書きましたが、高熱や長引く風邪の際には、やはり病院へ行ってお医者様にかかることが1番です。


しかし、記載した方法も効果的ですので風邪の引き始めや、日ごろから実行することにより


風邪防止につながりますので気がついた際に是非お試しください。



 

 

2015年7月14日

written

by やまやま


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop