現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月19日更新

テレビ局内定者が語る!面接での志望動機伝え方

7548 views

テレビ局の面接での志望動機で最も有効な伝え方を教えてください!(大学3年生・女性)


アナウンサー

就職活動の山「面接」



就職活動で皆さんの前に一番大きな山として立ちはだかるものは面接だと思います。
入社試験の面接は会社によって違いはあると思いますが、内定まで複数回受けることもあり、その際に必ずといっていいほど質問されることが志望動機です。
志望動機を伝える際、ありきたりなフレーズや、市販されているマニュアル本などをもとに考えられたものでは、数多くの入社試験に携わっている面接官には、いともたやすく見抜かれてしまいます。
とはいえ「ありきたりではない志望動機をどう考え伝えればいいのかわからない」という人が大半だと思います。
これからテレビ局での面接の志望動機の伝え方のポイントを紹介しますが、今後の志望動機を考えるうえでの参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

志望動機にやりたいことを取り入れて伝えましょう!



志望動機に入社したとき自分がやってみたいことを取り入れて伝えるわけですが、「こういう映像処理をしてみたい」、「こういう音響方法を取り入れてみたい」、「こういう企画の番組を制作してみたい」、「こういう構成の番組を制作してみたい」など、自分がテレビ局で働いたときをイメージして具体的に伝えることがポイントです。
さらに、やってみたいことに対しての実現性、視聴者にあたえる効果、メリットなども付け加えるとよりインパクトのある志望動機となるでしょう。

 

志望動機にテレビ局の仕事に向いていること取り入れて伝えましょう!



テレビ局の仕事は体力に自信のある人、想像力豊かな人、表現力豊かな人、人をまとめる力のある人などが向いていると言われます。
「テレビ局の仕事は体力的にも精神的にも大変だということを耳にしますが、私は常日頃から運動をしているので、体力や精神力は自信があります」、「適応能力がありどのような不規則な生活にも順応できる自信があります」、「学生の頃生徒会などを経験し、人をまとめる事には自信があります」など、自分がテレビ局の仕事に向いていることをアピールしましょう。
「私はテレビ局に向いているかわかりません」という人も自分の長所や経験を、いかにテレビ局の仕事に向いているかに繋げて伝えることが、面接官の心をつかむポイントになります。
このようにテレビ局の志望動機の伝え方のポイントを紹介してきましたが、限られた時間のなかで、このテレビ局に入社したいという気持ちを面接官に伝えることは非常に難しいことです。
さらに、どの職種の面接にも当てはまることですが、面接官は他の会社の入社試験も受けているだろうと思っているのは当然のことで、テレビ局も例外ではなく、各系列のローカル局をあわせれば相当数のテレビ局があり、中途半端な意気込みでは面接官の心には響いてくれないでしょう。

 

まとめに



これからの人生のターニングポイントとなるくらい重要になってくる就職ですが、「このテレビ局しか入社試験を受けていません」、「このテレビ局だから入社したい」というぐらいの強い気持で臨み、個性溢れる志望動機を考え、自分の熱意や思いを凝縮して面接官の心を掴むアピールをしてみてはいかがでしょうか。

2015年2月19日

written

by ut-heartful


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop