現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月19日更新

広告業界の内定を勝ち取る3つのポイント・志望理由編

1466 views

広告業界の内定を勝ち取るポイントは何ですか?志望理由の書き方などがとくに知りたいです!(大学3年生・男性)


志望理由に悩む女性

私達の生活の様々な時と場所や場面で見る広告は、どこの誰がどのような過程を経て作られたのだろうと疑問に思うことはありませんか?
私は広告業界で働く人達の顔を知ると私も一緒に作りたいと憧れを持ったことがありました。
あなたが持っているセンスで、世の中の流行を変えられる広告業界で働ける志望理由の3つのポイントを紹介します。

 

1.あなたは広告業界のどこに惹かれましたか?



率直な志望理由で構いません。明確な志望理由であれば良いのです。
私なら、駅の内外に掲示してある自分がデザインしたポスターや看板が注目されると「気持ち良いから」とするでしょう。
採用担当者は学生から社会人になる前のあなたに、どこまで成長できるか期待をしています。

その気持ち解るなぁと同調してもらう為には、特に体裁良く見えるよう取り繕う必要はありません。
率直な気持ちをぶつけると伝わります。
採用活動は同じ会社に迎い入れて意気投合できる仲間を探しているのですから、この人となら一緒に仕事が出来そうだと鮮明かつ詳細なイメージが湧きやすい学生でいきましょう。

 

2.自己PRを織り交ぜてあなたの広告業界への適正をアピールしましょう!



エントリーシートの自己PRと志望理由の違いが解らず、どうやって記入したらいいのかが解らないという学生が多いですが、アピールできるのであればどんどんしましょう。
例えば、志望動機に身の回りにある商品一つのキャッチコピー100個を作るのを得意とし、
広告会社やクライアントへの貢献を「ありがとう」という感謝の気持ちに変えたいのであれば、
採用担当者がどこで100個のキャッチコピーを作ったのかと興味を持って面接の場へ呼んでくれます。
面接でも同じような質問をされると予想が出来るので、学生活動として広告研究会にいて具体的にどのようなことをしていたのか答えられれば、あなたの術中にはまります。
自己PRの場は書類選考でも面接でもいつでもどこにでもあると思って下さい。
目立った者勝ちということではありませんが、たくさんの学生の中から覚えてもらいやすくなるよう適性をアピールしましょう。
即戦力を求めているので、内定を勝ち取れるでしょう。

 

3.どんな希望職種でもデザインのセンスが必要です。



デザイナーはもちろんですが、営業職としてでも広告の案件の企画、提案や打ち合わせの段階でどのような
色遣い・レイアウトにするのかというセンスが必要です。
デザインは紙にラフ案を描く前から始まっています。
つまり、クライアントの企業からの要望を、100%反映し満足させられるよう頭の中で想像してデザインをすることなのです。

 

まとめ



結局は、就職活動という場で“あなた”という商品のキャッチコピーを考え伝える訴求力を試されています。
様々な商品を広い世界へ売り込むプロ集団の一員として認めら内定を手に入れる為には「この人とならできる!」と
強く納得させましょう。キャッチコピーに難しく考えてひねりを利かせる必要はありません。至ってシンプルで解り易くで良いと思います。

2015年2月19日

written

by ut-heartful


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop