現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月10日更新

実は名物!博多うどんの名店ランキングTOP5

459 views

博多といえばラーメン!ですが、うどんも美味しいと聞きました。
名店を教えてください。(大学3年生・男性)


 

ラーメンや明太子で有名な博多が、
実はうどん・そばの発祥の地であることはあまり知られていません。


麺の素材から製法、だし・つゆ、トッピングにこだわり、
お客さんの列が絶えないお店が軒を並べています。


その中から厳選したTOP5をご紹介します。

 

① うどん平(たいら)



うどん平

出典:食べログ

JR博多駅徒歩7分、オフィス街のビルの一階にあります。
創業40年、有名人も通う老舗です。


エビ天が人気ですが、すぐ売り切れるため、開店前に並ばないと食べられません。
前日に海が荒れた日などは不漁で欠品になります。


おすすめは「ごぼう天」です。

博多うどんの特徴である、柔らかくもちもちした食感のうどんと、
薄切りでカリッと揚がったごぼうのサクサク感がどんぶりの中で融合します。


これが、いりこをふんだんに使って薄口しょうゆで仕上げたつゆとからんで、のどにすっと入っていきます。
柚子胡椒を、博多うどんの調味料として初めて置いた店でもあります。


 

② 葉隠うどん



葉隠うどん

出典:食べログ

清潔な店内は落ち着いた雰囲気が漂います。

オープンキッチンになっていて、うどんを作っている様子が目に飛び込んできます。
打ちたてのうどんが味わえる期待感が膨らみます。


ここの麺は麺の中央にくぼみがあり、汁がよくからみます。
食感は、つるつるして柔らかいため歯触りがよく、一瞬にしてのどを通っていきます。


しっかり出汁が効いた品のいいつゆで、ほとんどのお客さんが飲み干しています。
期待を裏切らない味です。店員のアットホームな接客態度も気持ちがいいです。

 

③ 春月庵承天寺前店



天寺前うどん

出典:食べログ

承天寺横の交差点に2009年4月にオープンしました。
1890年(明治23年)創業の製麺工場直営のお店です。


その時代のうどんを再現した「中世博多うどん」は、茶色っぽい透明感のある麺でコシが強い感じです。

この店の特徴は、麺の量を自由に選べることです。
「麺は2玉でもお値段は一緒、もちろん3玉でもOKです」という貼り紙があります。


ごぼう天やえび天をトッピングしたうどんに、
昆布とかつおの出汁が効いたつゆをかけ、2玉、3玉と食べるお客さんがほとんどです。


 

④ 博多あかちょこべ



あかちょこべうどん

出典:食べログ

櫛田神社の斜め向かいに2009年4月にオープンしました。
店名の「あかちょこべ」は、博多弁で「あっかんべー」の意味です。


この店が提供するのは古式胚芽うどんです。

小麦は、ひいて粉にした時に残る皮のくず(ふすま)と、胚芽を除去して製粉することで
白い粉ができます。しかし、胚芽は栄養価が高いため、これを戻してうどんにするのです。


変わったメニューの「釜あげずぼらうどん」は、やかんの中に釜あげうどんが入ったもので、
酢の効いたつけ汁で食べます。


「釜あげキーマカレーうどん」は、温かいうどんにキーマカレーがかかったものです。
その楽しい食べ方が、壁に貼ってあります。


 

⑤ 能古うどん博多デイトス店



能古うどん

出典:食べログ

博多デイトス2階の「博多めん街道」にあります。
麺は、選び抜いた小麦粉と、赤穂の塩と軟水を使って二度の熟成をして作り上げます。


その手間をかけた技が、つるっとして強いコシでありながらしなやかな麺の食感に現れています。
これを、かつおの出汁に本醸造の濃口しょうゆを加えたかけ汁でいただきます。


おすすめは、温かい汁物うどんよりつけ麺で、たらいに入った冷たいうどんは、
太い冷や麦のような感じで、冷水で締めてあるのでコシがあって美味です。


ごぼう天のパリパリのごぼうとの相性が抜群です。

 

 

いかがでしたか?
博多を訪れた際にはぜひのれんをくぐってみたいものです。


 

 

 

2014年12月10日

written

by anan-17


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop