現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月6日更新

セブ島を格安で楽しむためのスポットまとめ

237 views

お金をかけずにセブ島に遊びに行きたいのですが、どうしたらいいでしょうか?(大学3年生・女性)


今回は、セブ島を安く観光したい方に、おすすめのスポットをご紹介していきます。

まず、セブ島はフィリピンの中央部にある島々のことであり、有名なビーチリゾートが広がっています。

日本から行くのであれば1時間しかかからないだけでなく、直行便も出ています。

 

期間は12月から3月がベスト



まず、安く旅行するには、基本的にマリンスポーツがあまり盛んでない12月から3月までを選ぶといいです。

しかし、その季節は海の透明度がかなり高く、夏の時期よりもきれいに見えるのでおすすめです。

また、1月の下旬にある「セント・ニーニョ」という祭りは意外に知られていないのですが、

さまざまな民族衣装を身にまとった人々のパレードが行われ、かなり盛り上がります。

お祭りなのでお菓子などもおいしく食べられます。

「セント・ニーニョ」とは、幼きイエスキリストという意味であり、キリストへ感謝するという意味合いで始まったお祭です。

 

教会巡りがおすすめ



シーズン外ならば、いろいろな教会を見るといいです。

 

マゼラン・クロス





画像出典:JTB

この教会はキリスト教を最初にこの島にもたらしたマゼランが建てた十字架であり、

今はカバーで覆われていますが、当時の時間の流れを感じることができるスポットです。

 

サントニーニョ教会





画像出典:JTB

ここは、フィリピン最古のカトリック教会です。

ある像があることが有名であり、上記のマゼランが「セント・ニーニョ」の像を持ってきたことによって、国が崩壊しなかったということから、宝物のように扱われている教会です。

 

道教寺院





画像出典:JTB

ビバリーヒルズという地域があり、ここでは中国の孔子をまつっている道教の寺院があります。

中国様式で建てられたこの本堂はセブ・シティなどの景色を一望することができ、中心地の雑踏を避けて落ち着くことができるスポットです。

 

あまり知られていないリゾートに行くのも手



あまり知られていないリゾートでは、日本人も少なく、高い高級リゾート地とは違う民宿なども多いので、安い金額で泊まることができます。

 

リロアン





画像出典:オーシャナ

セブ島の最南端にあるリゾート地で、ダイビングで人気がありますが、ビーチからわずかな距離のところにマンタやサメが泳いでいる姿を見ることができるのでおすすめです。

また、宿泊施設である、リロアン・マリンビレッジなどは日本人好みの民宿がたくさんあります。緑も多く、温かい人が多いのが特徴です。

 

バンタヤン島



ここは、北部の沖合に浮かぶ島ですが日本人にはあまり知られていません。

逆に欧米人に人気で、セブ島の北にあるハグナヤ港からフェリーでいくと古い教会などが多く立ち並んでいるので、1日あれば時間があっという間に過ぎてしまう感覚がします。

フェリーの中には日本語の案内もあるので安心です。

 

いかがでしたか?

サーフィンや高級ホテルなどでお金を使うよりも、教会やシーズン外、そして郊外に出ると意外に楽しめるところが多くあります。

ぜひこの機会にセブ島の裏の部分まで知って、旅行をしてみましょう。

2015年2月6日

written

by さっとんびーむ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop