現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月19日更新

海外旅行に行くなら他人ごとじゃない!「エコノミー症候群」の症状と予防法まとめ

110 views

「エコノミー症候群」ってどんな症状ですか?予防法等もあれば合わせて紹介してください!(大学1年生・男性)


飛行機

海外旅行へ行かれる機会が多くなり、飛行機を利用される方が増えてきた最近、「エコノミー症候群」が再注目されるようになりました。

誰でも、一度は耳にしたり、旅行雑誌などで目にしたことはあるかと思います。

ここでは「エコノミー症候群」について詳しく説明していきたいと思います。

 

「エコノミー症候群」って?



飛行機の中はとても乾燥しており、気圧が低い環境にあります。このことから、長時間同じ姿勢で居ることや、水分補給が十分に行われないことで、足が圧迫されて、血栓が詰まってしまうことをいいます。

 

どんな症状?



エコノミー症候群の症状にもレベルがあり、軽い症状の場合は足首のあたりやひざ下が浮腫んでいる状態になります。痛みを伴う場合とまったく痛みが無い場合もあり、人、体質にもよって症状が変わってきます。

また、症状が悪化してしまうと、足に詰まった血栓が肺にも回り、呼吸困難に陥ってしまうこともあります。

 

誰がなりやすい?



エコノミー症候群と言いますが、エコノミークラスに限らずビジネスクラスでもファーストクラスでも、注意を払わないといけません。

どんな人でも注意が必要ですが、その中でも妊娠中の方、持病をお持ちの方はさらに注意を払いましょう。

また、エコノミー症候群は体内の水分減少から起こるので、アルコールを摂取される方、コーヒーやお茶を飲まれる方も気を付けてください。

 

予防法



機内で快適に過ごすためにエコノミー症候群は避けたいところですね。

そのために予防法を覚えておきましょう。機内搭乗前から十分に水分を補給しておきましょう。そしてフライト中も、こまめに水分補給をしてください。

足をマッサージすることも効果的です。血流をよくすることで、血栓の詰まりを避けることが出来ます。

足を組む癖がある方は要注意です。機内では意識して足を組まないようにしましょう。そして座席で足がリラックスできるようにスペースを確保してみてください。

靴を脱いだりすることも、効果的です。アルコールはなるべく摂取しないようにしましょう。もし、飲みたい場合にはお水を飲みながらアルコールを楽しむようにしてください。

こまめに席から立ち、トイレへ行くなり、機内を歩き回り、足を動かすようにしてください。

 

いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?

耳にはしたことあるけど、自分には関係ないなどと思ってはいませんでしたか?注意不足にて誰にでも起こりうる、エコノミー症候群です。

異変を感じた自分で対応しようとせずに、すぐに客室乗務員の方へ声かけるようにしてください。

快適な空の旅を過ごすためにも、上記のことを押さえておきたいところです。

 

2014年12月19日

written

by 1223


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop