現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月10日更新

「起業家が見るべき助成金のカテゴリまとめ」

338 views

僕は学生起業家を目指しております。チェックしておくべき助成金をカテゴリ別に紹介していただけますか(大学3年生・男性)


起業家の握手



企業する為には信頼が必要となります。銀行などの融資を考えても、収入などの審査がありますね。

でも、学生はこれから起業し収入を得ようとしている訳ですから、普通の金融機関での借り入れは難しいと思います。

それに代わるものとして「助成金」「補助金」の制度がある訳です。これからどのような機関がどのくらいの融資をしてもらえるのか?

また、融資とは異なり資金を調達するのかをご案内いたします。

起業した時に資金は必ず必要になりますが、自ら用意した資金で全て賄うことが出来れば良いのですが、大きな金額な場合は難しいと思います。

資金融資の他、知っていたい知識として、助成金・補助金というものがあります。

資金融資の場合は、低金利で借り入れし、返済しなければなりません。しかし、助成金・補助金は返済不要なお金です。

 

1、資金融資と助成金・補助金の違い



国や地方自治体からもらえる「返済不要なお金」です。この点が融資受ける(借金)場合と異なる点です。

 

2、助成金と補助金の違い



助成金は要件が合えば基本的には受給できるものです。一方補助金は予算がある為、受給出来ない可能性があるという違いがあります。

 

3、助成金と補助金の種類



新規企業設立や企業時。ちいさな創業未来補助金(独立行政法人中小企業基盤整備機構)



この補助金は計画段階から 国が認定する助言機関に相談する必要が有ります。これは起業・創業や第二創業を考えている個人、中小企業・小規模事業者向けです。

創業及び販路開拓に伴う費用や広告費や弁護士、弁理士等の専門家の費用等に対して、下表に基づいて補助を行います。補助額が100万円未満の場合は、補助の対象外。

 

 新規雇用の時 トライアル雇用奨励金(厚生労働省)



職業経験の不足等で「公共職業安定所長がトライアル雇用が必要と認めた人」を、原則3カ月間の試用期間で、その適性や能力を見極めて、常用への移行を進める制度です。

*事前にハローワークに確認をお願いします。

 

その他の雇用に関する時 キャリアアップ助成金



非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップ等を促進する「キャリアアップ助成金」が有ります。これは厚生労働省の管轄なので、確認をして下さい。

 

売り上げが減少の時 雇用調整助成金 (厚生労働省)*厚生労働省



大企業   助成金 1/2 場内訓練1000円 場外訓練2000円

中小企業  助成金 2/3 場内訓練1500円 場外訓練3000円

 

従業員教育の時 キャリア形成促進助成金(厚生労働省)*厚生労働省管轄



・老年育成コース ・成長分野等人材育成コース ・グローバル人材育成コース

・熟練技能育成・承継コース ・認定実習併用職業訓練コース

・自発的職業能力開発コース

以上、簡単な説明でしたが、このような制度があるという事を知っている事は、いざという時に役立つのです。

今後、起業したい方は、是非とも念には念を入れて色んな情報収集と確認を行うようにしたいものです。

起業する事は、学生ならではのメリット・デメリットがあるはずです。これは、学生に限らずだと思います。

如何に低リスクで起業し、運営を軌道に乗せるかが大きな課題ともいえるでしょう。

2014年12月10日

written

by manabu-2


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop