現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月4日更新

初バイトの大学生向け!1から分かる確定申告の方法

248 views

今のバイトが初めてのバイトなので、確定申告について何ひとつ分からないのですが、分かりやすく教えていただけませんか?(大学3年生・男性)


確定申告書 ボールペン 電卓

「確定申告」。聞いたことはあるとしても、実際なんのことやらサッパリ・・・という方がほとんどではないでしょうか。

初めて自分の力でお金を稼ぐみなさんに、ぜひ知っておいていただきたい「確定申告」について基本のキをご説明します。

 

1.「働く」=「所得の発生」



働くことにより対価として金銭を得る。これは当たり前のことだとみなさん感じているでしょう。

金銭を得る、ということはお給料を得るということです。すなわち社会からは「所得」があるとみなされます。

「所得」がある人に対し、国は「所得税」の納付を義務付けています。

つまり、「働く」ことは「所得税を納める」ことに繋がるのです。

 

2.年末調整と源泉徴収票



みなさんが働く勤務先は、みなさんに支払うお給料を算出すると同時に、その額から雇用保険や社会保険等、様々な項目を先に引いています。

いわゆる「天引き」です。そして天引きされた後の額を「所得」と位置付けています。お給料と所得、意味が同じように感じますが実はまったくの別モノです。

しかし、勤務先が所得の算出をするのはあくまで机上のお話です。

本来ならば、所得は1/1~12/31までの総所得から、「納めるべき税額」=「所得税」を計算しなければなりませんが、勤務先は毎月のお給料から税金分を先に天引きしています。ここで誤差が生じることがあるのです。

そこで勤務先は、年末になると「年末調整」というものを行います。

毎月みなさんにお渡しするお給料から、勝手に天引きしていたのですから、誤差が生じた場合、「還付」(天引きし過ぎた差額をみなさんに返す)か「追徴」(天引きの総計が足りないので、さらに天引きする)をしなければなりません。

勤務先は年末になると「源泉徴収票」という、小さな紙をみなさんにお渡しします。

これは、「この1年で****円、先に天引きしました」という証明書です。この紙は非常に大切なモノです。

みなさんが「先払い」している税金額の証明書になるのですから。決して捨ててはいけませんよ!

 

3.取り戻せ!納め過ぎた税金



さて、年末調整を勤務先が行ったことにより、みなさんにいくらかの還付(もしくは追徴)が発生します。

これは勤務先がしなければならないことなので、みなさんは特に何かをする必要はありません。

ただ、年末調整では、計算できる項目とできない項目があります。

ここで必要になってくるのが今回のテーマ、「確定申告」です。

天引きできなかった項目について、「まだこれだけ天引きされている」ことを税務署にアピールしなくてはなりません。

なぜ天引きされていることをアピールしなければならないのでしょうか?答えはこうです。

「所得税」=「総所得」×「税率」

※税率についての詳細な説明は省略しますが、簡潔に言えば「総所得」の額によって、税率は変動するルールになっています。

つまり!「総所得」が少ないことをアピールすれば、納める「所得税」の額も減らせる→「還付額が増える」ということです。

これでみなさんも「確定申告」する気になったでしょうか?還付はきちんと受け取りましょう。例え数円であっても、です。

 

4.確定申告の方法



現在、確定申告はwebで行えるようになりました。

インターネット環境がない方は、最寄りの税務署に行けば専用PCで同じように確定申告できます。

自宅からwebで申告する方法はラクなので、ぜひ今度の確定申告で利用してみましょう。

用意するものは源泉徴収票とインターネット環境、プリンタです。

もし1/1~12/31間に複数の勤務先に勤めた場合、各勤務先から必ず源泉徴収票を受け取りましょう。

たいていは年末に直接渡されるか、既に退職している勤務先からは郵送で届くかと思います。

渡されない、届かない場合ははっきり申請しましょう。

源泉徴収票を発行するのは勤務先の義務なので、遠慮することはなにもありません。

そして、準備ができたら以下のサイトに行きます。

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm
(所得税(確定申告書等作成コーナー)|申告・納税手続|国税庁)

上記のページから「確定申告書等作成コーナー」をクリック。

新しいページに遷移したら、「申告書・決算書 収支内訳書等 作成開始」をクリック。

提出方法を問われるので、「書面での提出を選ぶ」をクリック。

利用環境を問われるので、チェックボックスにチェックを入れ、「次へ」をクリック。

「平成○○年の申告書等の作成開始」というリストから、「「所得税及び復興特別所得税の確定申告書を作成」をクリック。

「申告書選択」のページから、「質問に答えて作成」をクリック。

ここまで来ると、あとは質問に答えるだけで確定申告書が自動的に作成されます。

ここで注意したいことは、みなさんは「勤労学生」に当てはまる、ということです。忘れずに選択してください。

入力が全て終了したら、出力する用紙を全選択し、プリンタでA4出力しましょう。

提出書類と控え、チェックシートが出力されます。

提出書類の中に、源泉徴収票の原本を貼付する用紙があるので、その年の勤務先すべての源泉徴収票を貼り付け、郵送します。

郵送先はチェックシートの右下に「【提出先税務署のご案内】」という欄があるので、その部分を切り取り、封筒に貼れば宛先の記入の手間が省けます。あとは切手を貼れば郵送準備完了です。早速投函しましょう。

 

以上、確定申告に関わる事項についてざっと説明させていただきました。

難しい用語がたくさん登場しますが、上記を押さえておけばさほど時間はかかりません。せっかくの所得なのですから、できるだけ自分のものとしたいですね。

確定申告はみなさんの権利です。利用しない手はありません。来年の確定申告にぜひトライしてみてください。

2015年2月4日

written

by tamtom


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop